<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
出かけるまでに。

数日前に、

途中から迷走しだし、

どんどんバランスが(あ、音のバランスです 汗)崩れていって、

 

こんな感じで終わってしまった作業の続き、

 

ミックスを朝一からリベンジ、

午後にいい感じでまとまり、山へ。 

    

気持ちよくででかけられて良かった〜、

山の気持ち良さも倍増 顔 Docomo118

 

 

 

360度いろんな方向から、

鳥の声や、木の軋む音、空気の感触にすっぽり包まれ クローバー

感覚 : comments(0) : - : おとのはじっけんしつ :

下北沢のまちに降りました。

薬草とか錬金術の絵本がさりげなく置かれている雑貨屋さんとか、

下北沢らしい..黒ねこ

 

 

音と映像の即興へ、

2ndには魂が召されていくような光景が広がって、

10人入るか入らないかの小さなスペースが、

宇宙のウラッカワと繋がったよう。

 

感覚 : comments(0) : - : おとのはじっけんしつ :
お。

 

おお〜

 

感覚 : comments(0) : - : おとのはじっけんしつ :
風にのって。

このところ、

毎日のように春がドアをノックしに来ているような。

 

誘われて外にでれば、

のってしまえそうな風が吹いてるし 顔

 

○○申告も迫っておりますが kyu

ホームページリニューアルに向けて、

準備しています クローバー

 

感覚 : comments(0) : - : おとのはじっけんしつ :
どんな眠り。
眉間にしわ寄せて寝てるけど、
今、この家の中で一番あたたかい場所で寝てるんだからね。


感覚 : comments(0) : - : おとのはじっけんしつ :
おもしろい本みつけた
世田谷区の区立図書館で、
毎年一回発行されている子ども向けのパンフレット ”おもしろい本みつけた”

表紙と裏表紙のイラストを
妹が描かせて頂いたそうです
クローバー

来年の干支にちなんで、
- 図書館の職員さんたちが、これ!と思ったおすすめの本32冊が、それぞれの言葉で紹介されています。幼稚園のお子さん向けの絵本から、低・中学年、高学年向きの本と分けられていて、子どもたちが自分でも読めるような丁寧なつくり。世田谷の区立図書館でしたら、どこでも置いてあります -


興味ある方はぜひ、お手にとって見てみてください
月



後ろ姿が方々で好評だそう。
感覚 : comments(0) : - : おとのはじっけんしつ :
_
今年は紅葉のタイミング、
完全に逃したな〜、と思っていたら、
なんだか今週は行く先々きれいな紅葉です。






 
感覚 : comments(0) : - : おとのはじっけんしつ :
どちらでも。
自転車で行くか、
はたまた、電車と徒歩で行くか。
けっこう迷って後者にしました。


見事な銀杏並木に遭遇、ありがとう
キラキラ


 
感覚 : comments(0) : - : おとのはじっけんしつ :
早朝
最近、
自宅でも外でもグリーンカレーが続く。


そして、
早朝作業が増してきている。


冬期の早朝作業、なんだかんだボストン以来で
ちょうどひと作業終わった頃に日が昇ってくる感じがすき。

譜面作成にもどります クローバー
感覚 : comments(0) : - : おとのはじっけんしつ :
遠くで近くでふしぎな場所たち。
大雪の直後でしたが、
先週思い立って開店を確認してから20kmほど自転車を走らせ、
まだ雪残る越生という街の、山間のギャラリーカフェへ行ってきました。

山道に入る前の麓。田畑は真っ白です。


山道への入口には看板があって安心したものの。


山道に行くと看板がほぼ埋もれている あせ
あぶない、、、方向が分からなくなる所だった。

坂道でばて気味。



「自転車でいらっしゃると聞いていたので、
てっきりマウンテンバイクかなにかでいらっしゃるかと。」
と、ご主人にもびっくりされましたが、フツーの自転車で到着。



ご主人が自信もってすすめてくれるピザもいただいて、
暖炉であったまった部屋で、書庫の本を読みながらゆっくりさせて頂きました。
ふう、、、贅沢。


吹き抜けの上に並んだスピーカの上には、
連れから聞いた話で名前は知っていたトランぺッターの写真(すみません薄学汗
ご主人がとられた写真だそうです。

数々のすばらしいミュージシャンの方々が、
山猫軒で音を奏でてきたことを知りました。



亡き奥さま・南千代さん著「山猫軒ものがたり―暮らしを耕す、夢を生きる。」
(失礼ながらご主人がとても若々しいのでお母様の著かな、
と思っていたのですが奥様でした あせ

山猫軒で読み始めたら止まらなくなってしまったので、
そのまま買って帰って、家で読み終えました。

何をしていても、
その人がそのありのままのエネルギーで生き抜いてった時、
それにどれだけの光が集まるか。


自分の考えに囲われずに、
突破していけることがまだまだあるなあ〜


自転車で家に帰り着いたころは真っ暗。
とても遠くまでいったような、
つい近くを自転車でまわってきたような、
自転車で遠出したときは、
いつもそんなふしぎな感覚で家に入ります。

感覚 : comments(0) : - : おとのはじっけんしつ :